特別講義 <作業療法学科3年>


日 時:平成27年4月17日(金)
テーマ:「IADL instrumental activities of daily living」
講師名:淡野 義長先生(長崎リハビリテーション病院 認定作業療法士)

長崎県から淡野先生をお招きし、長期臨床実習を目前にひかえる作業療法学科3年生へ特別講義を行って頂きました。
IADLとは、日常生活を送る上で必要な動作で、例えば、掃除、洗濯等の家事全般、金銭管理や服薬管理、外出して乗り物に乗ることなどです。 
今回はグループに分かれて、IADLで必要な動作とは何かを考え意見を出し合い、掃除をするには、体の動きはどう動くのか、道具は何を使うか等を考える『作業分析』を行いました。
それぞれが考えた内容を発表し、長期実習に向けて作業療法の考え方を改めて習得しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。