作業療法学科 特別講義① 「中枢神経系の作業療法」


平成28年4月15日(金)

古原岳雄先生(作業療法士 大分中村病院)

 

3年生はもうすぐ9週間の実習に臨みます。

長期実習では、患者様の評価(身体・認知機能を測定、目標設定)から治療プログラムを考え、作業療法(治療)を実践します。

今回の特別講義では、作業療法目標の考え方、治療内容、実践の工夫などを教えていただきました。

 

『障がいをもつ患者様。

座位(座る姿勢)を安定させるために、どのような治療を考えますか。』

IMG_5741

2人1組になり自分達の治療案を発表。このペアは、ボールを使い前後左右への重心移動を促しました。

IMG_5740

先生からは、患者様の状態に合わせた治療になるように、段階付けた方法も教えていただきました。

自分達が立案した治療、クラスメイトが立案した治療、どれもが参考になったことと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。