よくあるお問合せ

入試関連

Q:社会人でも入学できますか?
もちろんです。年齢制限はありません。年齢によって合否に差が生じることもありません。入学資格は高等学校卒業(見込者含む)、もしくは同等以上の学力があると認められる方。社会人の方、また進路変更を考える大学生の方もぜひチャレンジしてみてください。現在の学生のうち、3割程度は高校既卒者です。年齢のギャップなどは気にする必要はないでしょう。
Q:入試問題は難しいですか? 過去の入試問題はありますか?
科目などは学生募集要項を参考にして下さい。入試事務局に連絡していただければ、理学療法・作業療法学科の昨年に出題された入試問題集も無料でお送りいたします。しっかり準備をしておけば、問題そのものは決して難しいレベルではありません。時間のない社会人の方でもチャレンジしやすい試験だと思います。
Q:社会人入試と一般入試の違いを教えてください。
大きくは2つあります。1つ目は受験資格です。社会人入試は高校卒業されている方対象の入試ですが、一般入試は高等学校卒業見込みの方(高校3年生)も受験できます。2つ目は受験科目ですが、これは介護福祉学科と理学療法・作業療法学科では選考方法が異なりますので、詳しくは学生募集要項をご覧ください(資料請求へ)。一般常識については、昨年の入試問題集を参考にしてください。
Q:学校案内や募集要項はどのようにすれば手に入れることができますか?
本校入試事務局まで、お名前・ご住所・電話番号・希望学科・高校名・学年(年齢)を教えてください。無料で発送しています。請求方法は、電話・メール・FAX・官製ハガキ等。本ホームページの「資料請求」フォームからでも請求することができます。
Q:調査書と卒業証明書について教えて下さい。
調査書は出身高等学校長が作成し厳封したものを用意して下さい。なお、調査書が発行されない場合は卒業証明書で結構です。高校を卒業していない場合は、高校を卒業した方と同等以上の学力を有することが証明できる書類を提出してください。大学または専門学校に在学中(または卒業)の場合も同じです。

生活関連

Q:実習ってどんな授業ですか?
机上の理論ではなく実際の技術を学べるという点で、実習はその後の就職や国家試験突破にもつながる、とても大切な授業です。その充実度で学校を選んでもよいと言っていいでしょう。ちなみに本校では、毎年何週間にも渡る充実したプログラムが、ギッシリと組まれています。実習先は県内に限らず県外にもあります。
Q:国家試験の取り組みにはどんなものが?
理学療法士・作業療法士を目指している方にとっては、国家試験突破はやはり最大のテーマでしょう。本校では、学科の講師陣全員が出題傾向の分析や対策をしっかりと練り、それに合わせた補習も積極的に行っています。学生全員の合格を目指して、サポート体制に抜かりはありません。
Q:学生寮はありますか?
現在のところ学生寮はありません。しかし、学生向けのアパート等は近隣にたくさんあります。生活に必要な環境は周囲にすべて整っていますし、家賃も1DKで約35,000円~45,000円と手ごろ。アパートや不動産会社の紹介を行っていますので、希望される方は入試事務局までお問い合わせ下さい。
Q:駐車場はありますか?
広い駐車場がありますので、バイクや自動車での通学も可能です。駐車場台数も本校所有の駐車場が90台、本校近隣には民間の駐車場が150台程度あります。駐車料金は半年契約で本校・民間共に18,000円(6ヶ月)となっています。
Q:学食はありますか?
本校では学生食堂を備えています。昼食やお弁当はここでOK。味と雰囲気はgood!!
Q:サークル活動は盛んですか?
現在はゲートボール部が盛んな活動をしています。健祥会パートナーなどの施設が充実したこれからは、サークル活動もどんどん活発になっていくでしょう。自分でサークルを立ち上げてみたい!という学生が増えてくれば、かなり盛り上がるのでは?
Q:制服はありますか?
指定のブレザーはありません。入学式などの式典等では、各自で用意してもらったスーツに、エンブレムをつけてもらうことになります。普段の授業中は、学生それぞれが自由に私服を着ています。体を動かす授業の時には、本校指定のジャージや実習衣を着ることになります。
Q:アルバイトはできますか?
アルバイトは学業に支障のない範囲で認められています。健祥会の施設でアルバイトしたいという場合には、本校から紹介も行っています。一足早く現場の雰囲気を知ることができるので、この健祥会関連施設でのアルバイトは学生の間でもかなりの人気があります。
Q:仕事との両立は可能ですか?
毎日の授業が夕方16:30、5限目まであれば18:10過ぎに終わりますので、授業と仕事との両立は難しいです。

奨学金関連

Q:奨学金制度は利用できますか?
人物・学業成績が優秀で、経済的理由などにより修学が困難な人に対しては、学校から紹介が行われます。日本学生支機構奨学金制度、徳島県介護福祉士等修学資金制度の他、地方自治体の奨学金制度もあります。本校としては、希望者全員に貸与されるように可能な限りのバックアップを行っています。詳しくはこちらへ

その他

Q:就職についてはどうなのですか?
現在働く場は豊富にあります。本校は、自らが数多くの福祉施設を運営している社会福祉法人立の学校なので、普通の専門学校に通うよりも就職の選択肢とチャンスは大きく拡大すると思います。詳しくはこちらへ。
Q:実際に先輩たちとお話がしたいんですが?
「1日CAMPUS見学会」では、実際の在学生がスタッフとしてイベントに参加しています。体験学習や昼休みの時など、話をしていくチャンスはたくさんありますから、ぜひ遠慮せずにどんどん話し掛けてみてください。きっと親切に答えてくれると思いますよ。詳しくはこちらへ。
Q:施設で働いている方ともお話がしたいんですが?
施設での仕事を見学できる「福祉・医療のシゴト体験会」への参加をお勧めします。ここで案内役となってくれるのは、最前線に立つスタッフの皆さんですので、質問などがあれば何でも聞くことができます。色々な意味で、参加してもソンはないイベントですよ。詳しくはこちらへ
Q:「1日CAMPUS見学会」「福祉・医療のシゴト体験会」は参加予約が必要ですか?
はい。事前に申し込みしていただきたいと思います。入試事務局までお気軽にご連絡ください。メール・FAXでも受け付けしています。その際に、お名前・ご住所・電話番号・高校名・学年(年齢)・希望学科・希望日等をお知らせ下さい。1日CAMPUS見学会へ福祉・医療のシゴト体験会へ
Q:学校見学や施設見学はできますか?
はい。随時、受け付けています(平日午前9時~午後5時/日・祝日除く)。希望日時などを入試事務局までご相談下さい。
Q:徳島県って、どんな所ですか?
一言でいえば、のんびりした所です。物価も高くなく、気候も良く、地元の人たちも温かい土地柄です。ただ、夏の阿波踊りの時だけは、街中がリオのカーニバルのような雰囲気に包まれます。健祥会グループとしても参加していますので、興味のある方はぜひチャレンジしてみて下さい。