離職者訓練事業

訓練事業とは

無料で公共訓練事業を実施し、安定した「就職」を実現するための制度です
いわゆる離職者訓練事業をさします

取得資格

卒業と同時に、「介護福祉士」の受験資格が取得できます(卒業後5年の間に、国家試験を受験し合格するか、介護等の業務に従事した場合は、それ以降も介護福祉士となる資格を有します)

募集対象者(受講条件)

①雇用保険受給資格者等求職中の方で再就職を目指す方
②高等学校を卒業した方、または同等以上の学力(高卒認定等)があると認められた方
※新卒者及び1年以内に何らかの訓練事業を受講した方は対象外です

受講料等

入学試験料・入学金・授業料が全額免除
※介護福祉士国家試験受験料・資格登録費用及び個人の所有となる教科書代等については自己負担です

給付金について

(1)雇用保険受給資格対象者
「失業給付金」受給対象者は卒御璽までの2年間、失業給付金を受給できます
(2)雇用保険を受給できない方
「求職者支援制度」による「職業訓練受講給付金」が支給されます
①支給額/月額10万円を上限とします・通所手当有 ②手続き先/ハローワーク

ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金

※上記給付金との併用不可
(1)支給額:月額10万円を上限とします
(2)対象者:母子家庭の母親または父子家庭の父親で児童扶養手当の支給を受けている方か、同等の所得水準にある方
(3)申請先:合格後、市にお住いの方は各市福祉事務所へ、町・村にお住いの方は東部保健福祉局・南部総合県民局・西部総合県民局へ