作業療法学科

定員[1学年] 40名  修業年限 3年
取得資格  ● 作業療法士(国家試験受験資格) ● ゲートボール3級審判員

世界作業療法士連盟
(WFOT)認定校

世界基準のカリキュラムで作業療法士
として海外での就労・留学・研修に有利

ニーズに寄り添い、「できる」を見出すリハ専門職
生活課題に向き合いその人らしさを支援する、
それが作業療法士です

作業療法士が働く領域は広く、病気や障害によりリハビリテーションが必要なすべての人に関わります。また、脳卒中や脊髄損傷、精神障害や認知症などリハ専門職の中で最も対象領域が広いのが特徴です。本校では、教員と学生、学年を越えた学生同士、そして対象者と「心と心がつながる」教育を大切にしています。心がつながることで、知識と技術の「まなび」が加速します。さまざまな作業療法の専門科目を通して、生活課題に専門性を発揮し、「その人らしく生きる」を支えることのできる作業療法士を育成します。

作業療法学科の学び

作業療法士としての基礎を固める学習

医療人・社会人としての礼儀と感謝、基礎医学などについて学びます。

● 医療倫理学 ● 社会保障経済学 ● 健康増進科学
● 医学英語
● 情報科学 ● まなび学 ● 解剖学
● 生理学 ● 運動学
● 人間発達学 ● 病理学
● 公衆衛生学 ● 臨床心理学
● リハビリテーション概論 ● 作業療法概論
● 基礎作業学
● 運動療法学● 作業療法評価学 など

作業療法基礎実習Ⅰ

見学実習 3日間
施設実習 6日間

作業療法各論の学習

臨床の現場で知識を発揮できるよう、様々な疾病・障がいについて、講義・実技を通して専門技術を学びます。

● 運動学 ● 一般臨床医学 ● 内科学 ● 神経内科学
● 精神医学
● 整形外科学 ● 老年医学 ● 作業科学
● 作業療法評価学
● 身体障害作業療法学
● 精神障害作業療法学
● 発達障害作業療法学
● 老年期障害作業療法学
● 高次脳障害作業療法学
● 日常生活活動学 ● 生活行為治療学 ● 義肢装具学
● 地域作業療法学 ● 環境機器適合学 など

作業療法基礎実習Ⅱ

施設実習 6日間

臨床評価実習

3週間

作業療法の総仕上げ

1・2年次に学んだ知識を活かし、長期臨床実習で実践します。また、国家試験合格に向け、学生・教員が一丸となって勉強に取り組みます。

● 情報科学 ● 臨床教育管理論 ● 臨床作業療法学
● 臨床作業療法学演習 ● 職業関連作業療法学 など

臨床総合実習

長期臨床実習
約9週間(2期)

作業療法士
作業療法士国家試験合格

本校では、入学前教育を行っております。
アクティブ・ラーニングを導入し、入学後学生が能動的に学習できる環境を整えています。

現場と直結した実習環境のもとで実践力育成

常に新たな技術・技法が導入される作業療法の世界にあって、重要となるのは現場の今を理解する即応性。多くのグループ施設を擁し実習機会も豊富な本校では、常に現場とダイレクトに繋がった学習環境、最先端の技術はもちろん、利用者の方々とのコミュニケーションや作業療法士の仕事の楽しさ・厳しさなどを広く学べます。

介護老人保健施設(健祥会ハート)

疾病、負傷などにより生活能力が低下した高齢者に対して、心身のリハビリテーションを行い、在宅生活復帰を目指します。

むくの木クリニック

本校に隣接した健祥会グループの医療機関です。

病院・施設実習

作業療法基礎実習(病院実習)

学校に隣接する「むくの木クリニック」での実習では、貴重な臨床の場で多くのことを学びます。

作業療法基礎実習(施設実習)

評価技術やコミュニケーション力など、実習の基礎を学びます。

名西高等学校卒
作業療法学科 3年

藤本 梨沙さん

グループ内の施設で実習ができることが魅力。卒業生も多いので、困ったことも聞きやすいですね。病院での臨床実習につながるよう、プログラムを工夫してくれていて学びの場になっています。

「実務経験者が先生」の安心感

教員は全員が作業療法士の実務経験者。
現場での豊富な経験に基づいて学習・実習・国家試験・就職など的確なアドバイスで学生を支えます。

作業療法評価学

学生同士で、実技を行いながら学んでいきます。放課後にも実習室はオープンにしており、いつも自主的な復習で盛り上がっています。

高次脳障害作業療法学

脳の機能や高次脳機能障害の病態について学び、作業療法に活かします。

生活行為治療学

よりスムーズな生活への復帰のため、生活目標をみつけ効果的な支援を学びます。

基礎作業学

作業療法の基本的な技法を身につけます。

身体障害作業療法学

様々な疾患を知り、より適切な作業療法の実践を学びます。

徹底した国家試験合格サポート

国家試験突破に向けては、グループで協力し合い一致団結。毎日夜7時まで教室・ラウンジなど勉強の場を開放し、いつでも学び調べられる環境を整えています。また、教員もいつでも質問に答えられる距離感で支えます。

放課後も有効に活用

授業が終わった後でも、わからない点などがあればいつでも教員に聞くことができます。

小松島高等学校卒
作業療法学科 3年

岡本 将士さん

国家試験は確かに高いハードルです。しかし、それを乗り越えるための準備も万端!授業での座学だけでなく、同級生でチームを組んでのグループワークやしらべ学習。また実習の成果をまとめて発表するプレゼンテーション。様々な角度から、学んだことを「実力」として伸ばしていくことができます。また、クラス全員でしっかりと「資格取得」という明確な目標を持って、協力し合える環境も魅力的ですよ。放課後や長期休暇の時にも教室・実習室が使えるので、友人たちで集まってテキストの分かりにくい部分を教えあったり、また次の授業で取り組む実技の練習を行ったりと、クラス全員で一丸となって頑張っています!