沿革

学校の沿革

昭和54年12月19日 社会福祉法人健祥会設立認可される。
昭和60年 6月28日 理事長に中村博彦就任
平成 7年 6月16日 徳島健祥会福祉専門学校起工式挙行
平成 8年 4月 1日 厚生省より介護福祉士養成施設として指定される。
日本レクリエーション協会よりレクリエーション・インストラクター養成課程認定校として認可される。
学校長に碓井俶司就任
平成 8年 4月 6日 開学式及び平成8年度入学式挙行
平成10年 3月14日 東館竣工式挙行
平成10年 4月 1日 介護福祉学科定員80名から120名に増員
平成12年 4月 1日 理学療法、作業療法の新設を厚生省より認可される。
平成12年 4月 8日 理学療法、作業療法学科新校舎・学生会館竣工式挙行
平成15年 4月 1日 学校長に齋藤史郎就任
平成15年11月 8日 多目的ホール健祥会パートナー竣工式挙行
平成21年 4月 1日 保育福祉学科開設
平成21年 4月 1日 離職者訓練事業受託
平成21年 9月 9日 インドネシア教育大学と学術提携
平成22年 3月14日 健祥会ステーション徳島竣工
平成22年 4月10日 EPA協定によるフィリピン就学生入学
平成25年 4月 1日 介護福祉士実務者研修(通信)開設
平成25年 8月12日 理事長に中村太一就任
平成26年 4月 1日 学校長に武田英二就任
平成28年 4月 1日 保育学科開設
介護福祉学科定員120名から80名に変更