気象警報発令時における授業等の取扱いについて

徳島市に「特別警報」(波浪特別警報を除く)または「暴風警報」「暴風雪警報」(以下警報という)が発表されている場合授業等の取扱いは次のとおりとします。

  1. 午前7時の時点で、警報または特別警報が発令されている時は、午前の授業等を休講とします。
    午前10時までに警報が解除された時は、午後1時からホームルームを実施し、午後からの授業を行います。
    この場合、通学路の安全を確認して無理をしないで登校してください。
    (道路や橋、特に潜水橋、河川、用水等の状況により判断してください)
  2. 午前10時の時点で、警報または特別警報が発令されている時は、午後の授業等を休講とします。
  3. 「大雨警報」は原則として、平常授業を行います。ただし、状況によっては学校長が判断し、自宅待機や臨時休講等になる場合があります。
  4. 授業開始後に警報が発令された場合は、学生の安全を第一に考え、次の時限以降の授業を休講とします。校内待機等の方策をとります。

☆休講になった授業については日時を変更して実施します。
土、日、長期休業中に振り替えることもあるので留意してください。

☆警報が発令されなくても地域によっては危険な場合や公共交通機関が運休している場合は各自が状況に応じて判断し、担任に連絡すること。

 

徳島健祥会福祉専門学校(088-642-9666)